4月にやります!お楽しみツアー☆

  • 2018.02.09 Friday
  • 09:15

こんにちは。こないだは田辺観光バスさんのおしゃれで居心地のいいオフィスで打ち合わせしてきました!

 

 

白浜のオフィスはまだ新しくてピカピカ!

 

 

 

田辺観光バスさんはバスツアーの企画もされてます。

ここでチケットの手配など、旅行の相談もできますよー♪お気軽にぜひ。

 

 

 

 

実は4月にバニラカフェとカフェアルマ主催で、ただ今絶賛配布中の田辺のガイドブックを監修されたあの方と…楽しい楽しいツアーを企画してるのです♡(あの人って、あの人って、まさかの!?→

また形ができたらお知らせさせてもらいますね!お楽しみに♪

 

 

田辺観光バスさんはいつも佳矢乃さんのイラストつきの可愛いドリップコーヒーをお作りいただいてます。

トイレに原画が飾ってあるんです。

 

そして白浜といえば、やっぱりここに立ち寄ってしまった(笑)ホテルシーモアへパン買いに。ロビーが出来上がってて快適すぎる空間。

 

 

これからさらに足湯やテラスができてものすごいことになるそうです!!こんな所でお茶できるなんて贅沢すぎる。

 

あ、そうそう。全然関係ないけど、こないだ「子どもふるさと絵画展」という息子Bの絵を展示してくれてるというので見てきましたー。

 

 

なかなか大味でダイナミックな絵なのね・・・でもそのしっかり掴んだ手が力強くて魅力的でしたー(笑)

今年も来ました!芋餅の季節。

  • 2018.02.05 Monday
  • 13:24

こんにちは。そろそろ田辺でもみなべでも梅林オ―プンの季節。

南部の梅林といえば・・・今年もかたやまのいももちの季節がやって来ましたー!!

昨日やっとこさ行けて、食べて来ましたよ♪

 

 

今シーズンお初!

柔らかすぎてトゥルントゥルンっ!餅は飲み物だ!って感じ(笑)あんなしも選べます。

 

お店の店先で「かたやまのいももちによく合うコーヒー」と一緒に食べることもできますよー。ドリップタイプもあるので、芋餅と一緒にお土産にもぜひ♪

 

 

みなべ梅林、梅はまだほんとに咲き始めたくらいかな?でも梅林の時期だけのお楽しみのいも餅。

みんな花より団子でこのいも餅目当て行かれることでしょう。あなたもぜひ!!(笑)

 

 

昨日はそのあと、中辺路、霧の郷たかはらへも出かけて来ました。
外は寒いけどお天気良くて眺め最高!いつか泊まって雲海を見てみたいです。

お天気いいと一日中観光客気分を味わえますよね。ほんと紀南っていい所だなー♪

節分は熊野本宮大社で☆

  • 2018.01.29 Monday
  • 13:13

こんにちは。今年の節分は土曜日!!本宮大社にお餅拾いに行きませんか―?(笑)

熊野本宮大社では毎年2月3日に「追儺式」という節分の行事を開催しています。鬼もいるしとっても楽しい行事です♪

 

 

 

 

写真は昨年の豆まきの様子。今年厄年の方が豆をまきます。

 


盛大なお餅まきもあり、最後は九鬼宮司が放つ矢で鬼が退治されていきます。

 

 

そして今年厄年の方、熊野本宮大社で厄除けしませんかー?今年厄年の方どなたでも参加可能です。

 

土曜に当たる今年は参加しやすく、しかもご創建2050年の記念すべき年。ぜひこの機会に儀式に参加してみませんか?

 

※準備する物は下記のいずれか
・3千円分のお菓子(お菓子まきで小さい子供さんが拾えるような、小さく軽い包装の物)
・3千円分のお餅(餅まき用の個包装で)
・用意できない方は現金3千円でも結構です

 

当日は15時30分までに各自本宮大社に到着すれば良いようです。ぜひ気軽に参加して、盛大に楽しく厄を祓いましょう!

もちろん厄年ではない一般の方も参加できます。ぜひ縁起のいい福豆・福餅をいただきに出かけられませんか?

甲斐みのりさんによる、素敵すぎるガイドブック完成!!

  • 2018.01.25 Thursday
  • 17:59

こんにちは。文筆家・甲斐みのりさんによる田辺のガイドブック『朝・昼・夕・夜 田辺めぐり』がついに完成しました!!

 

 

この本の制作にあたって私も田辺の町マニア(笑)として道案内させてもらいましたが、甲斐さんならではの町の切り取り方が素晴らしくて、気付かされる事いっぱいでした。

地元の人も「田辺ってこんなに素敵な町だったんだ」って感動しますよ☆

 

主なカメラマンは鍵岡龍門さん、装丁はtent・漆原悠一さん。

お2人とも私が好きな雑誌や素敵だなと思って眺めていた本を手がけられた方々で、そんな方たちに田辺の本を作っていただけるなんて、それもまた感激でした!

 

すごいボリュームと素敵な仕上がりの冊子なのに、なんとTAKE FREE。

前作『暮らすように旅する田辺』も素敵で全国からたくさんのお客様を呼んでもらいましたが、この本も絶対新たな田辺ファンを作ってくれるだろうなー。うれしいです♪

 

↓以下甲斐みのりさんからのメッセージ。
詳しい入手方法も書いてありますので、欲しい方はチェックしてみてくださいね!

 

****************************************************************************

 

和歌山県田辺市の観光案内冊子第2段『朝・昼・夕・夜 田辺めぐり』完成しました!
48ページ、渾身の作を無料で配布いたします。
遠方の方は切手付き封筒と引き換えに取り寄せできます。

 

○甲斐みのりコメント 
東京在住の私が、年に数回、定期的に田辺市へ通うようになり5年ほど経ちました。いつも、羽田空港から朝一番の飛行機で出発すると、田辺に午前中の早いうちに到着できます。そこから、町を歩き、昼ごはんを食べ、買い物をして、喫茶店で一休みする……。さらに夜も、味光路を中心に、おいしいものを味わえるお店を巡り、宿に戻るのは夜遅く。そしてまた、翌朝は早起きをして、澄んだ朝の光の中、鬪雞神社に参拝し、まちへ出て喫茶店でコーヒーを飲む……。田辺を訪れると、朝から夜まで、あれもこれもと、貪欲に時間を過ごしてしまう自分に気がつきました。

 

平成25年に発行した田辺市観光案内冊子『暮らすように旅する田辺』に続き、2冊目の田辺市観光案内冊子を制作できることになったとき、まっさきにテーマにしたいと思ったのが、「田辺の朝と夜」。田辺は「早起きしたくなるまち」であると同時に、「夜を楽しみたいまち」でもあったからです。ところが、田辺の魅力は朝と夜だけでなく、昼にも夕方にもあります。そこで今回は、朝と夜だけでなく、昼も夕もとさらによくばり、「朝・昼・夕・夜 田辺めぐり」というタイトルをつけました。それに合わせて、表紙の写真は朝のイメージで「紀伊田辺駅」、裏表紙の写真は夜のイメージで、営業時間が夜だけの喫茶店「ビートル」のホットケーキを選びました。

 

前回の『暮らすように旅する田辺』は、昔から田辺のまちに根付く場所や店を中心に紹介しましたが、今回は、ここ数年で田辺にできた新しいお店も多く紹介しています。新旧の店が共存しているのも田辺の魅力の一つだと感じています。さらに、熊野本宮周辺も取り上げています。

 

巻末には、散歩マップも用意したので、冊子を手に、田辺のまちを歩き、旅を楽しんでいただきたいです。日本各地の、旅、文化、歴史、聖地が好きな方が集まる書店・カフェ・施設などで配布して、たくさんの方に田辺を訪れて欲しいと願っています。

 

○入手方法

 「暮らすように旅する田辺」の第2弾「朝・昼・夕・夜 田辺めぐり」を発刊しました。希望者の方にはお一人につき1冊まで、以下の方法でお渡しします。

 

【取りに来られる場合】
平日の8:30〜17:15の間に田辺市役所本庁舎3階 ,燭覆抉超伴次,泙燭蓮´田辺観光協会事務局 にお越しください。
その他、田辺市観光センター、熊野古道館、世界遺産熊野本宮館、各行政局でも配布しております。 

 

【郵送の場合】
郵送代(205円)は自己負担になりますので、205円切手と送り先の住所・宛名を書いたものを同封のうえ、下記に郵送してください。
冊子はB5判になりますので、返信用封筒のサイズは角型3号以上のものをお選びください。

 

(送り先)
〒646-8545
田辺市新屋敷町1番地
田辺市役所 たなべ営業室 
または 
〒646-8545
田辺市新屋敷町1番地
田辺観光協会(田辺市役所観光振興課内)

 

【お問い合わせ先】 
〒646-8545 
田辺市新屋敷町1番地 
田辺市役所 たなべ営業室 
TEL:0739-33-7714 
FAX:0739-22-5310 
MAIL:kankou@city.tanabe.lg.jp

〒646-8545
田辺市新屋敷町1番地
田辺観光協会事務局(田辺市役所観光振興課内)
TEL:0739-26-9929
FAX:0739-22-9903
MAIL:tanabe.eigyou@city.tanabe.lg.jp

田辺の町案内人させてもらいました!

  • 2018.01.22 Monday
  • 19:07

こんにちは。フェイスブックやインスタグラムはマメに投稿してるのに、最近ブログに投稿できないのはなんでだろう・・・と考えてましたが、結局パソコンにじっくり向かい合ってないってことに気づきました。

 

断然パソコン派だったのに、最近はほとんどの事をスマホでやってしまってる。しかも投稿するのもフェイスブックよりもインスタグラムの方の比重が高くなってきてる!やっぱり時代とともに生活スタイルも変わってくるものですね。

 

さて、このブログでも散々「路地裏などの町歩きが好き」って事を書いてきましたが、その甲斐あったのかちょっと前に地元紙・紀伊民報のお正月号

「田辺のまち そぞろ歩き -気ままに女子旅気分-」

というコーナーで田辺のまち歩きの案内させてもらいました!

 

 

 

その記事の中で紹介した、シェアカフェ「あさりや」さんの店内。

 

 

素晴らしいお屋敷をそのまま利用されてます。

私たちが行った月曜日のシェアカフェ「sea sail cafe」のランチとデザート。

 

 

 

おいしくてお部屋も可愛くて素敵でしたよー♪

 

田辺のまちなかは狭い道が多くてややこしいけど、歩いてみると楽しい場所いっぱい!
隠れ家的な可愛いお店もいっぱいあるので、一回歩いてみないと損ですよー!!

 

それにしてもまち探検好き、路地マニアなところがこうして役に立つとは…(笑)
好き勝手に歩かせてくれた紀伊民報の中澤さん、本当にありがとうございました♪

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM