「龍馬伝」は何かとすごいドラマ。

  • 2010.10.21 Thursday
  • 10:55

こんにちは、最近NHK BS2でやっております「グッド・ワイフ」という海外ドラマにハマりつつあるバニラカフェ店長です。簡単に言うと法廷ものなのですが、ドラマもあり何かと奥深い大人のドラマって感じです。
やっぱりアメリカのドラマは脚本がとっても練れてますね。日本の「いかにも作りました」って感じのドラマとはずいぶん違います。

が、と言いながらも今年はNHKのドラマが面白いんです!この前終了した連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」は何年ぶりかってくらい毎朝欠かさず見てた面白いドラマでしたし、そしてこのブログでも何回も書いてます「龍馬伝」、すごいですよー。演出の派手さに加えてさすがの「大河ドラマの豪華さ」で、「NHKが本気出したらこんなすごいドラマができるんだなあ」って感心するくらい。まさに「大河」って感じの迫力があります。

ここんとこずーっと見れてなかったので、この1週間くらいで8回分くらいの録画を見てやっと追いつきました!
ドラマの内容的にも「薩長同盟」「寺田屋騒動」「清風亭会談」と、龍馬の人生の中でもかなりのクライマックスな事件ばかりが続いてるので毎回の引き込まれ方がハンパないです!45分間わき目もふらずググーッと見入ってる感じ(笑)

このドラマの演出家の独特の手法らしいのですが、カメラワークがものすごく特徴的で天井の梁や障子の隙間から覗いてるような構図が多いんですよ。あと人物の間近まで迫るアップも。その効果かまるで自分もその現場に居合わせたような臨場感があるんですよね。この演出家のドラマ、「ハゲタカ」も有名ですが見てないんですよねー。惜しいことしました。
それから「龍馬伝」はホームページも内容盛りだくさんで作りこんでますよー。まだ見たことない人は一度見てみてくださいね!


それにしてももう出番終わっちゃいましたが、高杉晋作役の伊勢谷友介カッコよかったですよねえ。白洲次郎の時もそうだったですが、同じ人間とは思えないようなストイックな雰囲気を醸し出してて素敵です。あまりたくさんの出番がなく終わってしまったのが残念ですが、このドラマほんとにいい俳優さんがたくさん出てくるので見逃せません!

「ちりとてちん」で注目された後藤象二郎役の青木崇高もここんとこ目立ってきましたね。注目してたものの最初はやたら粗暴なだけって感じの役柄でしたが、最近は貫禄を感じさせる体型になってきて、アクもしっかり出ていい感じです。最初は小物?と思わせといてどんどん物語のキーパーソンになってきつつあります。

岩崎弥太郎役の香川照之も相変わらず面白い演技で安心するし、蒼井優もかわいいし、「タイガー&ドラゴン」で蒼井優と共演してた池内蔵太役の桐谷健太が優ちゃん演じるお元にプロポーズするシーンがあってあのドラマが懐かしくなったり、優ちゃんといえばこのドラマでは共演シーンがないけど武市半平太役の大森南朋とこないだ噂になってたし、これまた共演シーンはないけど物語前半に出てた広末涼子はずっと昔伊勢谷優介と噂があったことも思い出すし、青木崇高と貫地谷しほりの「ちりとてちん」ペアもこれまた共演シーンこそないもののどちらも出演してるし・・・とマニア的な見方も暴走するばかりで興味はつきないんですよねー(笑)

とかなんとか言いながら私の中で一番印象に残ってるのはやっぱり序盤に出てきた吉田東洋役の田中泯なんですけどね。
なんていうか、私のようにちょっとひねくれた見方をする層にも受け入れられるすごい役者さんぞろいだと思います!

あ、忘れてたけど主役の福山雅治もいいですねえ。正直今まで福山雅治って「カッコいいけど演技は・・・」って認識だったのですが(ファンの方々ほんとすみません。許してください!)、このドラマではほんとしっかり坂本龍馬にハマってます!並居る個性的な役者さんたち相手にも堂々と存在感を出してますよ。

正直坂本龍馬ばっかりカッコよく描かれすぎてたり、この前の「いろは丸事件」の回では紀州藩の人間としてはちょっと納得いかないようなストーリー運びだったりするところもあるんですが・・・龍馬が主人公だから仕方ないですかね?いいとこなしの紀州藩なので、唯一の希望「陸奥陽之助」にもっと活躍してほしいところですけどねー。

ちなみに私が大河ドラマで好きなのが、本編終わったあとに史跡を紹介してくれるコーナー。毎回ドラマに出てきた事柄にまつわる土地の実際の風景を紹介してくれます。あと最近は龍馬伝見たあとにネットや本でドラマの内容と史実と照らし合わせるのが楽しみになってます。もはや歴史オタですね(笑)

とかなんとか言ってたら放送ももう残り6回!なんか最近ずっとものすごい緊迫した状況なのでほんとにもうすぐ終わるの?って感じなのですが、実際龍馬ってそういう時期に殺されちゃったんですねえ。終わっちゃうのは惜しくもありますが、残りもずっと完全燃焼で思い切り引き込んでほしいところです。

コメント
紀州藩の散々なやられっぷりには、ほんと複雑な気分になりましたよね。
ついでに、あの、頑なに首に何か巻く藩主にも、少し違う複雑さを感じさせられました 笑
和歌山最後の希望、陸奥さんに頑張って欲しいですね。
あ、そういや陸奥さんの奥さんってば、めちゃくちゃ美人だったのを思い出しました。少し気分が晴れたかも 笑
  • 職員T
  • 2010/10/21 9:05 PM
職員Tさん、しまったー!!
紀州藩の勘定奉行の巻物、私も絶対記事の中で書こうと
思ってたのに忘れてました・・・悔しい。
陸奥さん、実際は「カミソリ陸奥」って呼ばれてた
らしいのに、龍馬伝では「コミカル陸奥」って感じに
なってて活躍しなさそうですよねえ・・・。
とはいえ「鹿鳴館の華」と言われた奥さんは確かに
ちょっと自慢ですよね(笑)
陸奥宗光を主役にしたドラマも見てみたいです。
  • Vanilla Cafe
  • 2010/10/22 10:00 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM