息子と歩く☆熊野古道 近露王子〜継桜王子

  • 2016.05.15 Sunday
  • 20:45
こんにちは。ちょっと前から始めた熊野古道歩き。

3月のあたまに一人で滝尻〜高原まで歩いた数日後、今度は野球がお昼から急きょ休みになった息子Aと、たった数時間だけど歩きに出かけました♪思い立ったら即行動!!

ほんとは高原からの続きを歩きたかったんだけど、コースを考えると時間的に無理そうだったので、今度はのんびり歩けそうな近露からのコース。

去年の秋には牛馬童子口から近露まで歩いてたので、今回はその続きということになります。

1.JPG

王子をしゅっぱーつ!!
で、何十歩か歩いたらコーヒーのcabeloさんでオーナーさんに出会ったので、いきなり寄り道(笑)

2.JPG

コーヒー淹れてもらいました!

4.JPG

3.JPG

店内はいろんな雑貨も販売してます。

5.JPG

息子Aには「いきなりおやつかよ!」と言われながら、よもぎもちとコーヒー飲み食いしながらのスタート(笑)すでに結構時間遅いです。この時点で3時回ってたと思う。ある意味時間的に正しいおやつ時間(笑)

6.JPG

3月、しかも曇りの日の写真なので最近はだいぶ雰囲気違いますが、近露の古道沿いはほんとにひなびたいい雰囲気なんです。

7.JPG

8.JPG

この日はお気楽コースなので、かなり身軽な息子A。休憩所がファンキーでした!

9.JPG

いかにも街道。

10.JPG

梅の香くんくん。

11.JPG

近野小学校。こんなとこで勉強できるの、最高の環境だなー!

13.JPG

野中の獅子舞は県無形文化財。

14.JPG

野中のてっぺんまで来ましたー!
坂道とはいえ全然ハードじゃないけど、ずっとアスファルトを歩くので息子Aは足の裏痛いと言ってました。

15.JPG

この野中の辺りは水不足の土地で、昔は「娘を野中には嫁にやるな」といういい伝えがあったくらい水には苦労したそうです。近くには野中の清水もあるのに、意外!!

16.JPG

民宿「いろり庵」。この近くで「乙女の寝顔」に見える山の稜線が見えます。

17.JPG

18.JPG

この辺りは石垣についつい目がいっちゃう。渋い。

19.JPG

歩き始めて3キロくらい?比曽原王子です。建物が何にもないので休憩所って感じではない。

そこからもずっと舗装された道を進み・・・



「野中の清水」に行くために、途中熊野古道を少しそれて下の道に下ります。



そして普段から車でもよく来る癒しスポット「野中の清水」にとうちゃーく!!

20.JPG

ここはいつも気持ちいいくらいじゃんじゃん水が湧いてる。

22.JPG

昔から熊野古道を歩く人、そして多くの文化人がここでのどを潤しました。

21.JPG

休んでたらcabeloのオーナーさんがお水を汲みにやってきました。cabeloさんのコーヒーはこの清水を使って淹れてるのです。

28.JPG

そしてそこから数分で熊野古道に戻り、無事継桜王子に到着!!ここの一方杉は有名です。

25.JPG



樹齢何百年の巨木がごろごろ。神秘的な場所ですよー。

27.JPG

一本の木には大きなウロがあり、そこは大人でも楽々入れます。

26.JPG

ウロの内部。夏以降は周りをアシナガバチが飛び交ってるのでなかなか近づけません。中に入れるのは春先のこの時期だけのお楽しみ。
熊野古道の語り部をされてるバニラカフェのお客さんのお話だと、子供だと二十数人入れたとか!!

30.JPG

継桜王子の名前の由来になった秀衡桜。その由来についてはこちら☆(なんで新生児置いてくねーん!!)

31.JPG

ここからの景色はまた絶景です。
近露からゆっくり歩いてもほんの1時間ちょっとの短いコースだけど、近露の風景はいつ見ても癒されるし、見どころ色々あって楽しいですよー♪

この日のコース

「近露王子〜継桜王子」距離3.9キロ
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM