春を満喫してきました。

  • 2011.02.08 Tuesday
  • 18:53

ここのところポカポカ暖かい気候が続いてますね。この前の日曜日は「南部梅林」に行ってきました!まだ梅の花はあまり咲いてなさそうだったのですが、南部梅林って毎週日曜に「お餅まき」があるんですよね。紀南の餅まき研究家(自称)の私としては「押さえておかねばなるまい」と妙な使命感を感じ、さっそく出かけてきました。
実は去年も来たのですが、その当時は「お餅まき」に大した興味もなかったのでちょうど終わった頃に到着したんですよねー。今年はそんなことがないよう、ちゃんとお餅まき時刻にジャストの時間に到着しました!

jjj00073.JPG

駐車場あたりは一面梅畑。ご覧の通りまだ2〜3分咲きでしたが可愛い花が開いてきてます。

jjj00119.JPG

行かれた方は分かると思いますが、駐車場から梅林までの道のりはけっこうな上り坂・・・。ゆっくり歩いて20分くらい?えんえんと坂道を登ります。小さい子連れはかなり大変ですが、息子Bがあまり抱っこをせがまなくなったので去年に比べたら随分楽になりました!けっこうな運動になるのでいいですよ〜。

jjj00120.JPG

途中のおみやげ物屋さんには菜の花が売られてたりして春を感じます。

jjj00117.JPG

そして南部梅林名物といえばこれ!!「かたやまのいももち」☆坂の途中に売店があります。ピーク時にはかなり並ばないと買えないですが、この日はまだ観梅客が少ないのですぐに買えました。

jjj00116.JPG

こんなどこかで聞いたようなフレーズのPOPが斬新(笑)

jjj00111.JPG

そしてがんばって頂上までたどり着くとそこは「梅林公園」。のんびりした広場で、子供たちはここへ来るとバタバタと走り回ります。紅梅がけっこう咲いてきてました。

jjj00113.JPG

ひとしきり遊んだ後は、買ってきた「いももち」とお茶で一休み。

jjj00104.JPG

柔らかくってうめー!!

jjj00105.JPG

ツルっといってまうわー。

jjj00102.JPG

そして舞台ではスタッフの方が着々と「お餅まき」のスタンバイされていってるようです。なんとなく観梅客の方々も周辺にわらわらと集まってきました。にわかに漂いだす緊張感!!!



スタッフの方が「お餅まきあと○○分ほどで始まります。櫓の周辺に集まってください」とアナウンスすると、たちまち「こんなに人おったかっ!?」ってくらいの人々が集まってきました。今の時期でこれじゃ、花見のピーク時にはさぞかしすごい倍率なのでは。
とはいえこの梅林公園は坂を上ってこないといけない上に入場料も必要なので、いわゆる「プロの餅拾い屋(勝手に命名)」はさすがにいらっしゃらないようでした(笑)前に座り込む老婦人も見当たらず危険度少な目な感じですが、斜面になってるので足元に注意が必要です。

幸い小さい子供たちは「お子様安全ゾーン」を舞台上に設けてくれるみたいなので、私は子供たちとそちらにスタンバイ。

jjj00094.JPG

そして予定時刻厳守でお餅まきスタート!!

結果、やはり人数が多かったためか大人ゾーンで拾ってた主人の収穫はお餅2個、お菓子3個とちょっと寂しかったですが、ラッキーだったのが子供ゾーン。私たち3人でお菓子も合わせて30個以上は拾っちゃった。
あ、ちなみに私は最初こそ「わー☆」と拾ったものの、すぐに「ハッ!子供ゾーンで大人が拾ってどうする」と思い直して拾うのやめましたからね!そ、そんな大人気ないことほんのちょっとしかしなかったですからね!!(笑)

3歳の息子Bでさえ10個以上は拾ってたので、子供たちは大満足。「見て見てー」と釣果を披露してくれました。子供たち、こないだの「くらしの手しごと市」以来「お餅まき」にハマりつつあるかも・・・ふっふっふ。

jjj00088.JPG

拾ったお餅も柔らかかったので、さっそくほおばります。おいしいわ。もぐもぐ。

jjj00087.JPG

どんだけ餅好き兄弟やねん!!!

そしてこれで終わったかに見えたお餅まきですが、実はさらなるコーフンの仕掛けが。お餅の中に「番号札」が入ってるやつがあるとなんと「梅干」ももらえちゃうんです!!

jjj00083.JPG

我が家が拾ったお餅の中にも当たりが1個あったどー!!!と言うわけで梅干まで手に入れてしまいました(笑)

いやー、今回の梅林は「観梅」というより「お餅まき体験」がメインになっちゃいましたが(最近なんのイベントでもそうありつつないか?)、子供たちもたくさん収穫があって大満足でした。お餅は柔らかいうちにご近所さんにおすそ分け。うちは冷凍するほどお餅への情熱はないんですよね。柔らかいできたてを食べるだけで充分です。拾うことに意義があるんです(笑)

という訳で、今週末あたりかなり梅の花も咲いて見ごろになってくるんじゃないでしょうか?紀南に住んでたら春の内に一度は行っておきたい梅林。みなさんぜひどうぞ♪

イベントレポ後編・舞い飛ぶお餅編!

  • 2011.01.28 Friday
  • 12:10
こんにちは、昨日の続きです。まずイベントとは関係なく昨日チラッと触れましたNHKさんについて告知です!
ちょっと前にこちらのブログで書いたんですが、NHK和歌山さんは今回のイベントとは別件で「お餅まき」についての取材もされていて、出来上がった特集が明日29日(土)の「おはよう日本」の中で放映されるそうです。
この前和歌山ローカルで放送された時に私も見てみたのですが、「お餅まき」という競技を真剣かつベタにエンジョイする方々がたくさん映っててかなり面白かったですよ!その中で初めて「餅まき用エプロン」なるものも見ることができました。あれ、すごいですねー。エプロンというにはあまりにも不自然な形状でした(笑)

この特集、和歌山ローカルの話題だったものが好評だったので晴れて「おはよう日本」という全国ネットの番組にも進出して放映されることになったとのこと。
何分頃からの放送かはわかりませんが、興味ある方はぜひチェックしてみてくださいね!!

さてさて「くらしの手しごと市」当日レポ続きです。大盛況のうちに終盤を迎え、その間なぜか自転車で息子2人連れて「アサヒヤ模型」さんへ「ガチャガチャ」しに行ったりなぜか「パビリオンシティ」へ連れて行かされたりして会場になかなかいられなかった私も最後の「お餅まき」準備に取り掛かりました!

「あすか作業所」さんからふっくらおいしそうなパンが到着し、「辻の餅」さんからも大量の紅白のお餅が到着。お餅まきはイベントが行われてる駐車場から少し移動した海蔵寺さんの境内をお借りして行うので、「投げ役」をしてくださるメンバーの方々とともにスタンバイです。

すると境内にはもう十数人のジ・・・いえご老人とバ・・・いえ老婦人たちが詰め掛けて辺りをウロウ・・・いえ散策されていました。明らかに「くらしの手しごと市」とは無関係な空気を醸し出してる方々が、かつ「餅まきはどこでやるんじゃー?」的空気を醸し出されています。

私たちが到着し、投げる際のことについて色々相談してるともんのすごい熱視線がっ!(笑)み・・・見られてる・・・こんなに凝視されるのは生まれて初めてってくらい私たち見つめられてるーーーーー!!!(笑)

とまあジ・・・いえご老人とバ・・・いえ老婦人たちの衆目の中、境内にある坂を登り(海蔵寺さんの本堂は2階建て構造になってて、やぐらを組まずに高い坂の上からお餅を投げることができるのです。)、お餅を数箇所に分散したりしてると「わが意を得たり」的晴れやかなお顔で皆さんスタンバイしていかれたのでした。

ww0_552481.jpg

ちなみに餅投げ役から見た眼下の様子はこんな感じ。ある意味「神」になったような感じ?(笑)

そうこうしてるうちにイベント終了の3時。イベントにほんとに参加してくださってた(笑)お客さんや出展者さんも集まってきてくれたのでお餅まき開始。お寺での開催ということで、「ゴーン」という鐘の合図でスタートしました!

今回小さなお子さん連れの方も多そうだったので、安全面を考慮して「大人ゾーン」と「子供ゾーン」に別れての開催にしました。私は餅投げ役を主人にまかせて子供たちと一緒に「子供ゾーン」で拾いました!「大人ゾーン」はどんな修羅場だったのかわかりませんが、「子供ゾーン」はほとんど餅拾い初心者の小さい子供たち(中にはちょっと上級者っぽい小学生もいましたが)。怖ろしいバトルもなく、お菓子やパンの量もけっこうあったので楽しく拾えました♪3歳の息子Bも結構な収穫でしたよ。

餅まきが終わった後イベントは終了、解散だったのですが、会場の前をたまたま通りかかった方から寄せられたメッセージによると「みんなスーパーの袋提げて幸せそうでした☆」とのこと。喜んでもらえてよかったです!

ここのところ私の中で熱かった「お餅まき」。最初は冗談半分で開催できないかなー?って思ったことから始まりましたが、協賛者の皆さんのおかげで実現することができました!前の記事でご紹介した企業さんに加え、「丸双蒲鉾店」さんも温かいご協賛を申し出てくださり、よりたくさんのお餅を用意することができました!ご協賛くださった皆さん、会場をお貸しくださった海蔵寺さん、本当にありがとうございました。

皆さんからは「これからもお餅まきもやってくれるの?」なんてお声を多数いただいてます。やっていきたいのはヤマヤマなんですが・・・こればっかりは予算の問題。
もし万一「お餅まきという楽しいイベント存続のために、次回やるなら協賛してあげてもいいよー」という奇特な方がいらっしゃったら、たとえ500円でもいいんです。ぜひぜひお申し出くださーい!(笑)

イベントレポと言いながらお餅まきにかなりの量を割いてしまいましたが、今回の「くらしの手しごと市」で私自身とっても楽しませてもらいました♪イベントに携わってくださったすべての方に改めてお礼申し上げます。本当に、本当にありがとうございましたー!次回開催を楽しみに待っててくださいね☆

おいしいパン!

  • 2011.01.20 Thursday
  • 17:00

こんにちは。外はさむーい、ので家の中にいる時は芯から冷えてたのですが、お店に出勤してきたとたん暖かさにまったりとしてるバニラカフェ店長です。寒さに震えてる方は日だまりカフェ・暖房も入れてないのに春の暖かさの「Vanilla Cafe」へ温まりにお越しくださいね♪

さて、先日とってもおいしいパンを入手しました。



バニラカフェの「たまごサンド」に使ってる「にんじんパン」でもおなじみ、障害者福祉施設「あすか作業所」さんのフランスパンです。

中身は「チーズ」や「あずきとクリーム」など。どれもていねいに作られててほんとにおいしいんです!!!
病みつきになっちゃうおいしさなので、前に一度食べてから忘れられずにまた注文してしまいました(笑)
田辺市元町にある「くじら作業所」さんの販売所でも火曜日に入荷してるらしいので、食べてみたい方はぜひ一度どうぞ♪

そして今度のお餅まき・・・この「あすか作業所」さんのパンも投げちゃうことにしました!
なんでも聞くところによると、お餅まきで「菓子パン」や「カップラーメン」が投げられることってけっこうあるみたいなんですよね。しかもお餅の時よりも奪い合いが白熱するらしいとか(笑)で、「同じ投げるならパンも投げたい。」なんて野望を密かに内心抱いてたんですよねー。

それに各企業さんが協賛してくださったありがたい資金、有効に使うならこういった福祉施設で使わせてもらうのが「活きた」使い方になるかな?とも思いまして、あすか作業所さんにパン製作をお願いしてみたところ快く引き受けてくださったんです☆なんでもあすか作業所さんが行ってるお祭でも「お餅まき」をやってて、自分たちでついたお餅やパンを投げられてるそう。「投げ」用のパン製作にも慣れてらっしゃるみたいでよかったです♪

あ、もちろん硬い「フランスパン」は投げないですよ!キケンですからね(笑)にんじんパンやあんぱん等、当たっても安全なパンを作ってくださるそうです。「餅まき」に参加予定の方、パンが投げられたらぜひダイビングキャッチで奪い取ってくださいね!!ほんとにおいしいですよ☆

あと「お餅」も老舗の「辻の餅」さんに発注しました!辻の餅さんのお餅のおいしさは私が保証してますからね!(←大した価値はなし)しかも当日つきたての柔らかいお餅を用意してくださるそうなので、これまたこぞって奪い取ってください!!

あとはお子様用の「お菓子まき」のお菓子を調達するだけ。イベントまであと3日、準備にがんばります。

☆☆やります!お餅まき!!☆☆

  • 2011.01.19 Wednesday
  • 19:25

こんにちは。間近にせまった「くらしの手しごと市」、ここんとこ新聞やラジオに取材していただいて宣伝活動真っ最中!のバニラカフェ店長です。

それにしても私のこよなく愛する「NHK」さんまでもが取材してくださることになり、当日の模様も撮影に来てくださるとのことですのでほんとにうれしい限りです。和歌山ローカルですが、こういったイベントがあるということが少しでもたくさんの方に伝われば今後継続していく励みになるというものです。

そして「くらしの手しごと市」専用ブログ、ただいま絶賛怒涛の更新中!!!(笑)
出展して下さる方を順次紹介していってます。いずれも個性的で魅力的な出展者さんばかりなので、ぜひぜひ当日までにチェックしてみてくださいね。


さて、先日こちらのブログでチラッと開催予告しましたイベント・・・・・・

「お餅まき」。

開催にあたってのハードルであった「予算」の問題がクリアできまして、めでたく開催できることになりました〜!!!!!!

以前からの悲願だったお餅まき開催ですが、それにはやっぱり資金が要ります。今回大変恐縮ながらも主人がいつもお世話になっております「和歌山県中小企業家同友会 紀南支部」の方々にご協賛をお願いしたところ、やりました!さすが一企業を背負ってらっしゃる経営者の皆さん。「田辺市街地の活性化のためなら」と、みなさん男気見せてくださいました!!ほんとにありがたいです。おかげで晴れてお餅まきを大々的に開催する事ができます☆☆

ご協賛くださいました企業様一覧です。

蟯篥張肇
蠕狙遽秦
螢Ε瓮食品
オズデザインオフィス
紀南観光ブドウ園
蠍淆腑ーエー
襪弔个
ナギサビール
南紀ポリエチレン
光吉直也税理士事務所様
明光サービス衢
襯筌泪伴動車
和歌山県中小企業家同友会

ご協賛いただきました企業の皆様、本当にありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。
そして!もしこれを見て万一・・・ほんの少しでも「協賛してもいいよ」とおっしゃってくださる方がいらっしゃればまだまだ受け付けさせてもらいます。皆様の男気・女気、お待ちしてます!!(笑)

どうしてここまでお餅まきにこだわるかというと、もちろん競技としての楽しさ(笑)もあるのですが、これまたNHK和歌山さんが取材してらっしゃるというくらい和歌山県民の生活・文化に密接に結びついてる物であり、「福をまく」という特別な意味合いのある、とてもおめでたい行事だと思っているからです。

だけど最近では「上棟式」でも開催しない人が増えてるとのこと。大人になるまで参加した事のなかった私が言うのもなんですが、大人になるまで知らなかったからこそ客観的に「餅まき」という伝統行事が先細っていくのはとてももったいなく、残念に感じるからなんです。

これからも私のように今まで知らずに育った人や他府県から来た人にも「お餅まき」の楽しさ、和歌山県民との民俗学的な固い結びつき等も含めて知ってもらえればいいな、なんて偉そうな野望を抱きつつ「誰でも参加OK」のお餅まき開催に至りました。

なんだか硬い文章になっちゃいましたが、当日は「あまり餅まきには興味ない」なんて方もこぞって参加してみてくださいね。ちょっと前に初めて「餅まき本気(マジ)参加」してみた私のように燃えるかもしれないですよ(笑)その時の白熱の模様はコチラ☆

お子さん対象の「お菓子まき」もする予定です♪いずれもイベント終了後の開始を予定しています。クリエイターさんの「手しごと」を楽しみつつ、最後には思いっきり福を持ち帰ってください!当日をお楽しみに☆

ついにお○○まきの出番です!!!

  • 2011.01.08 Saturday
  • 01:26
こんにちは、先日お知らせしたとおり、1月23日(日)に海蔵寺さんの駐車場をお借りして開催する「くらしの手しごと市」の準備で少々テンパり気味のバニラカフェ店長です(笑)

上の専用ブログで出展者一覧をアップしました!どんな方たちが参加されるのかチェックしてみてくださいね。豪華メンバーですよ〜、お楽しみに☆

そしてこのイベントで私が実施したいと企んでること・・・それは!!そう、何をかくそう

「お餅まき」

をやりたいと目論んでいるんです(笑)

このブログではかなーりお餅まきについて熱く、そして深く語ってまいりましたわたくし。「お餅まき」についての興味はこの紀南、いや和歌山、いや日本でも一番じゃないかと自負(あくまで自称)しているのですが、そうなると当然ながら「それなら自分で開催すればいいんやん?」という気持ちがフツフツと沸き起こってきまして・・。

特にお餅まきという文化が盛んなこの紀南地方とはいえ、上棟式等の行事でも最近は省略されがちという状況らしいです。お祭りなどの公式行事以外では個人主催のものが少なくなってきてるような気がします。

それに私のように田辺市に生まれ育ちながら大人になるまで「餅拾い」を体験したこともないような人間も少なからずいるはず!それはかなーり地元密着のベタなイベントだから、その地域の人以外には伝わりづらいからなんじゃないでしょうか?

そこで!今回せっかく「くらしの手しごと市」という素敵なイベントを行うんだから、たくさんの人に来てもらうため、そしてお餅まき文化を保存継承していくため(←ものすごくエラそう。)「誰でも参加OKのお餅まき」というものをいっちょやってみようかな!?なんて思いついちゃったわけなんです。無謀でしょ!?(笑)

まだ確定できてる訳じゃないので大きなことは言えませんが、幸いうちの主人は夏のお祭りなどイベント開催にはかなり得意な「お祭男」なので、主人の助けを借りて「お餅まき」開催に向けてがんばってみようと思います。楽しみにしててくださいね。

そして無事開催できるということになったら・・・皆さんの「口コミ力」をフルに発揮して宣伝しまくっちゃってくださーい!!(笑)もちろん当日は初参戦の人もベテランの人もどんどん参加してくださいね☆
後日いい報告ができるよう、準備がんばります♪

たまにはてくてく街歩き。その2(衝撃の遭遇編)

  • 2010.11.09 Tuesday
  • 01:05

こんにちは、昨日の続きです。
自宅からバニラカフェまで徒歩で到着後、主人と合流してカッパークの「おもいっきり福祉まつり」に出かけたうちの家族。予想以上に歩きに時間を費やしたので、カッパークに到着したのはもう3時前でした。「おもいっきり福祉まつり」がおもいっきり終盤・・・(笑)去年はガールスカウト主催で「竹ぼっくり」を作ったりといろいろやりましたが、今年はもう影も形も見えず・・・。

とはいえ子供たちは公園で遊べるのでどうってことないですけどね!息子Bもスタコラ自分で遊んでくれてらくちん。その間に私はまだ辛うじて残ってる屋台のいろいろを覗きに行ったんですが、ちょうどみんなが中央にわらわら集まってなにやら始まる様子。

なんだろう?と思ってみてるとみんな円になって座りだし、その真ん中になんか台が築かれていってる・・・。

??と思ってて、その輪になってる面々を見てると、おばあさん率高し(笑)しかもみんなベターッと座り込んでる!も、もしかしてこれはーーー!!

そう、なんと今まさに「
餅まきが始まろうとしてたのです!!キャー☆予想もしてなかった展開にコーフン!(笑)

さっそく主人と子供たちを呼びに行ったのですが、息子Bが公園から離れないので私と息子Aで参加することに。
こないだからの餅まき記事で得た情報によると、この紀南地方の老婦人たちは拾う際前列で座り込む習性があるとのことだったのですが、ほんとにみんなベターッて座ってて笑えました。なんでも座って拾う方が効率いいんだそうです。

けど私はさすがにその境地にはなれず、やっぱり全体が見渡せるよう立って前から5列目くらいにポジショニング。(なんてったってちゃんと餅拾いするのは2回目のド素人ですから)
で、餅まき開始!!!

うーん、ふ、ふ、不利!!やっぱり投げ手は前の方にばかり投げるのです。こっちの方には全然飛んできやしない(笑)
その時、某プラムハニップ販売会社のOLさんの言葉を思い出したんです。「こっち投げてー!!ってアピるのはけっこう効果アリですよ。」って言葉を!

で、私も未熟者ながら投げ手に「こっちこっちー!」と叫んじゃいましたよ。不思議なもので、叫ぶとこっちのテンションもあがってくるもんですねー。それからもあまりお餅は飛んでこなかったものの、たまたま飛んできた貴重な1個をめぐり横にいたバ・・・いえ老婦人とちょっとしたファイトになったりして(詳細はここでは控えさせていただきます 笑)

終わってみれば結局収穫はお餅1個、グミ1個というものすごくショボい結果となってしまいました・・・うーん、初めて「悔しい」という気持ちが沸き起こる!しかも息子Aに至っては初の餅まき参加なのに収穫ナシ。その後30分くらいずーっと悔しがって怒ってました(笑)

ちなみに私たちの名誉のためにも言っておきますが、ほんとに全然飛んでこなかったんですよ。とはいえ周りの人はそこそこ拾ってたのかな?ま、ド素人ですからこんなもんでしょうか。

それにしても本気でやってみると燃えるもんですね!餅まき。自分ではけっこう冷めてる方だと思ってたのに、周りのバ・・・いえ老婦人のなりふりかまわなさにけっこうムキになっちゃったりして(笑)

というわけで、初の本気(マジ)参加となった餅まきは惨敗と言える結果に終わってしまいましたが、思いがけずお餅まきに遭遇できて楽しかったです♪いろんな人に情報をいただいたディープな世界を身をもって体験できました!

その後も公園でしばらく遊んでから帰宅。移動距離は短いながらもけっこう動き回った休日でした。今ホットな餅まきもできたし、なんだかんだと充実しててよかったです☆

11/3(水)はもちろん営業です!

  • 2010.11.02 Tuesday
  • 18:55

こんにちは。ここんとこずっとバタバタしててなかなか更新できませんでしたが、先日の餅まき記事にたくさんの情報提供ありがとうございました!
昨日NHKの方もお見えになり、無事取材を終えることが出来ましたが、それで終わりじゃないんです。

・・・・・・ここだけの話、どうやらNHKさん餅まきにネタについてはかなり本気(マジ)らしく、けっこう丁寧に掘り下げるご予定みたいですよ(こっそり)

なのでまた取材に来られる予定です。「餅まきのことならしゃべらせてくれよ!!」って方はまだまだ情報受付中ですのでお待ちしております(笑)

まあそれにしても次から次へと新ネタが飛び出すわ飛び出すわ。みなさんからの情報提供にはかなり笑わせ、驚愕させてもらいました。せっかくなので我が家もこの秋のお祭シーズンはせっせと各地の餅まきを追いかけてレポさせてもらおうと思います!私にはまだ未知な部分が多過ぎるディープな世界・・・深みにはまって行ってしまいそうです(笑)

さてさて、明日は文化の日☆まあうちの両親及び私たち夫婦の結婚記念日だったりもするんですが・・・そんなことはお構いなしに仕事です。
バニラカフェは明日も通常営業しておりますので、ぜひぜひお越しくださいね♪
おかげさまで先週からメニューに加わりました「手作りカレー」も大好評いただいております。休みの日しか来られないそこのアナタ!よかったら食べてみてくださいね。

「餅まき」に関する大ネタ小ネタ募集します!

  • 2010.10.29 Friday
  • 17:11

こんにちは、お昼過ぎから早くも雨降り始めましたー!台風情報全然見てないのですが、大したことなく過ぎるといいですね。

さて、本日NHK和歌山の方から電話があり、取材を受けることになりました!
え?お店の取材かって??コーヒーに関する取材とか??

・・・・・・・・・・いいえ、違うんです。取材の内容はなんと

「餅まき」

について(笑)

実は半年くらい前にこのブログで「餅まき」に関する記事を書いたところ、読んでくださった方々から思わぬ大反響をいただき、当紀南地方における「餅まき」文化の奥深さに驚いてその後すぐまた「餅まき」についての記事を書いたのですが、これまたコメント欄に熱い「餅まき」ネタが寄せられ、「餅まき」という文化が深く熱く浸透しているなあと感嘆したという事件(ってほどでもないですが)がありました。

1つ目の記事はこちら
2つ目の記事はこちら

書いた当人はそういったことも忘れつつ日々を過ごしていたのですが、本日突然NHK和歌山の方から「和歌山県における餅まき文化について取材してたところ、そちらのブログ記事を見つけたので、一度お話を聞かせてください」とお申し出があったんですよ!しかも「定期的に餅まきについての記事とか書かれてるんですか?」なんて聞かれちゃったりして(笑)

あ、断っておきますけどもちろん定期的になんて書いてないですよ?にわか知識だけで書いたその時こっきりの記事であって、「餅まき文化に詳しいバニラカフェ店長さん」とか「餅まき文化を研究してるバニラカフェ店長さん」とかでは全くないですからね(笑)
それどころか私が餅まき初めて参加したのっていい大人になってからで、幼少の頃から「餅ひらいスピリット」を脳裏に叩き込んだわけでもなく、今まで餅まきに参加した経験なんて2,3回しかないという「ド素人」もいいところなんですけどね・・・はは。

NHKの方にもその辺をお伝えしたんですが、それでも一応お話伺いたいなんて言ってくださってるものですから、来週お話させてもらうことになりました!(受けたのかよ)だって私がこよなく愛するNHK(テレビなのかラジオなのか、何に使われる物なのかはちゃんと聞いてません。)の取材なんて、楽しそうじゃないですか。

という訳で、どうせなら餅まきに関するネタがいっぱいある方がいいだろうと思いまして、このブログを読んでくださってるそこのあなた!餅まきに関する大ネタ・小ネタ、体験記などどんなのでも結構ですので教えてくれませんか〜?
「餅まきに参加して救急車で運ばれた人知ってます」とか「今まで最高120個拾った!」とか「餅投げ役はカワイイ子目がけて投げてます」とかもうどんなしょうもないエピソードでも結構です。それがNHKの血となり肉となるのですから!(笑)全国津々浦々どこからの情報でも結構ですので教えてくださ〜い!(取材のためというより私が面白いからだけだったりしますが)
あと紀南だけでなく和歌山県各地で12月〜1月にかけての「餅まき」行事予定をご存知の方いらっしゃったらそちらも教えてくださいね♪



ちなみに・・・・・・・・・うちは11月3日に行われます「熊野古道 癒しの里〜近露まるかじり体験」というイベントに行こうかと計画中です。のんびりしてて大好きな近露でのイベントだし、お昼前に「餅まき」もあるそうなんですよねー、ふっふっふ。
この秋祭りの季節、他にも餅まきたくさんありそうですね!みなさんがんばって拾ってくださいね☆

「地蔵盆」って知ってますか?

  • 2010.08.24 Tuesday
  • 17:41

こんにちは、暑くて暑くてついに夏バテしてるバニラカフェ店長です。
もうほんといつまでこの暑さ続くんでしょうか?いますぐ北海道に永住したいです。

ところで日曜日のイベントにはこの暑さにもかかわらずたくさんの方にお越しいただきとってもうれしかったです♪本当にありがとうございました。とはいえ私は店番をスタッフさとみちゃんに任せ、ほぼ息子たちの子守ばかりしてましたが・・・この夏バテはイベント中のハードな子守がたたったからだと思われます(笑)


さてさて、そして今日はご近所の海蔵寺というお寺で「地蔵盆」という行事がありました。
この時期車で走ってるとところどころでお地蔵さんの周りに提灯がぶら下げられてるのを見かけ、なにやらお祭っぽいことしてるなーと毎年思ってたのですが、どんな行事なのかはよく知らないままでした。

とりあえず今日海蔵寺さんに行くと子供たちはお菓子をもらえ、そしてだいぶ前に記事にしましたエキサイティングイベント、「餅まき」もあるということだったので息子Aがお父さんと一緒に出かけてきましたよ!



まず最初に住職さんのお話があった模様。



それからお菓子の配布!こんな時めちゃずうずうしくいつも1番に貰いに行く息子A。お里知れまくりですね。



そしてもちまき!!けど子供がメインの行事だったみたいで、大人が少なく、いつもほどの迫力じゃなかったそうです。息子Aもたくさん拾えたようで、さっそく帰ってきてパクついてました。



それからなんとかき氷までいただいてきました!最近小学生のお兄ちゃんと遊ぶことが大好きなようで、この時もスタッフさとみちゃんの甥っ子くんと仲良く並んでうれしそうでした。

それにしても地蔵盆、なんでこんなに子供に至れり尽くせりなんでしょうか?wikipediaによると

「今日では地蔵盆は子供のための祭とも言え、地蔵に詣った子供達は地蔵の前に集まった席で供養の菓子や手料理などを振る舞われる場合が多い。また地域の子供達が一堂に会するため、子供達に向けたイベントも行われたり、そのまま子供達の遊び場となることもしばしばである。」

なんですってよ!!知らなかったなあ。私が子供の頃は近所にお地蔵さんなんてなかったですし。
なんだかこの南新町に出店してからというもの、地域密着イベントにちょくちょく参加させてもらって息子Aはラッキーですね☆自分が独身の頃には見向きもしなかった地元の色んな行事が実はとっても子供たちを育てる上で大きな役割を果たしてるんだなあとありがたく思います。これからも大事にしていきたいもんですねえ。

緊急特集☆神秘のイベント「餅まき」

  • 2010.04.14 Wednesday
  • 20:47

こんにちは、今日はちょっと寒いですね。
こないだの記事で「餅まき」について書いたところ予想外の反響をたくさんいただき、正直ビックリしております。どうもありがとうございました。
いやー、「餅まき」について一家言ある人って多かったんですね!!
私は比較的新興住宅地に育ったせいもあるのか幼少のころから地域のお祭り及び餅まきってあまりなじみがなかったんですが、書き込んでいただいたコメントや周りの人の証言を聞いてみると

「結構好きです」
「燃えます!!」


っていう人の多いこと。これほどまでに人々の生活に深く浸透してたとは・・・あなどれないヤツ!餅まき。

という訳で今日は餅まきについての緊急特集をお送りしたいと思います。ものすごく長いのですがお付き合いください。

まず餅まきって全国的なイベントなのかどうか疑問だったんですが、ちょっと調べてみるとやはり日本中で広く行われているようです。ちなみにツィッターで「餅まき」というつぶやきを検索してみても日本各地でのつぶやきをキャッチできました!
主に上棟式で行われるようですが、最近地域の方を招いて上棟式行う人ってあまり見かけないですもんね。やはり地域のお寺や神社のお祭りで定期的に行われてるのが一般的かな?

ちなみに過去には新潟県の彌彦神社という神社で行われた新年の餅蒔きに約3万人の人達が殺到し、参拝客が将棋倒しとなって死者124人・重軽傷者77人を出す大惨事もあったそうです。餅まき最中の事故ではなかったようですが、恐ろしいですねー。それほどまでに人を駆り立てる力を持ったイベントなんですね。

みなさんからも餅まき情報がたくさん寄せられました!
このあたりでは「餅まき」って呼ぶのが一般的かとは思うんですが、地域によっては呼び方もさまざま。お隣のみなべ町の方は

「餅ひらい」


って言うそうですし、そのおとなりの日高町では

「餅ほり」


って言うそうですよ!「ほる」って和歌山ぽくっていいですねー。そう言えばこないだの海蔵寺の餅まきもプログラムには

「餅投げ」


って書いてましたけどね!投げるんですよ、餅。(笑)

エピソードも色々聞きましたよ。みなべの梅農家の奥様は嫁いだ際

「餅ひらい用エプロン」


を親族の方にプレゼントされたそうですし(餅ひらい用エプロン・・・どんな形状なんだー!)、
某FM局長さんのご実家では個人の家で毎年やぐらを組んで餅まきを開催してらっしゃったとか(村の庄屋さんだったんでしょうか)。

某かしわ店オーナーさんも子供の頃から地域の行事で毎年餅まき役をされてた経験をお持ちですし、某森林組合職員さんに至っては

「餅まき世界選手権」


を開催するなんていう妄想も持ってらっしゃるようです!実現したらいいですねー。世界各地のいろんな人が老若男女入り乱れて餅を奪い合う・・・想像するだけでものすごく楽しそうです(笑)世界遺産の町、田辺市にふさわしいイベントなのではないでしょうか。

それと餅まき役って聞いて、拾う事にそれほど情熱を抱いていない私としては「そっちの方がおもしろそう!」とやってみたくなりましたが、某かしわ店オーナーさんによると「文句は言われるし全然楽しくなかった」そうです。ちなみに小さい頃餅拾い名人だったという餅まきにアドレナリンが出る男、私の主人にも「アホー、自分で拾うほうがずっと楽しいに決まってるやんけ」と言われました。自分の投げた餅に人々が群がり、一喜一憂する姿見てたら神様になった気分を味わえそうで面白そうですけどね!(笑)

ちなみに主人は小さい頃鏡餅が当たって気絶したというエピソードを書きましたが、某地ビール会社専務の奥様も一緒に餅拾いしてた友達の顔面に大物のお餅が直撃、お餅まき終了後に振り返るとその友達が顔面血だらけだった・・・なんていうホラーで甘酸っぱい思い出をお持ちのようです。
あ、それから主人の鏡餅気絶事件には続きがあって、目覚めてみると枕元に鏡餅があったって書きましたが、その傍らに「たわし」も置いてあったそうです。なんでかっていうとその餅まきでは拾った餅の中でもさらに「あたり」があって、餅の裏に「あたり」って書いてると景品のたわしがもらえたそうなんですよ。主人に当たった鏡餅も「あたり」って書いてあって、鏡餅プラス「たわし」までゲットしたそうです。何そのキケンな中にもほほえましいエピソード・・・「あたり」ってホームランバーか!(笑)

どうですか!みなさんから寄せられた情報をちょっとかいつまんでみただけでも盛りだくさんなこのエピソードの数々。
これほどまでに人々の生活に深く浸透していようとは想像もしませんでしたよ、餅まき。
ここまできたら先ほどの某森林組合職員さんによる由来や分布地図の発表が待たれるところです。私も今までの無関心を悔い改め、これからは餅まきの楽しさを理解できるようになってみたいです。
みなさんもLet's enjoy MOCHIMAKI!

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM